なぜできてしまうか? | ニキビにとても強力な抗生物質といえばクリンダマイシンです
「ニキビにとても強力な抗生物質といえばクリンダマイシンです」のイメージ画像
長細い形

なぜできてしまうか?

人はなぜニキビができるのか?その詳しい仕組みをあなたは知っているでしょうか。
クリンダマイシンを使う際には、これからのことを考えてしっかり原因についても理解しておいてほしいと思います。

まずニキビは毛穴に皮脂が溜まることによって引き起こされてしまいます。
だから脂っぽい肌の人はニキビができやすい環境なわけですが、毛穴に溜まらないようにすれば脂っぽい肌の人でもニキビはできません。
また乾燥肌であっても、毛穴に皮脂が溜まってしまうとニキビはできてしまいます。
じゃあそもそも毛穴に皮脂が溜まる原因とは一体何か?

皮脂というのは天然の保湿因子として重要なものです。
ただその量が必要以上に増えてしまうと排出しきれなくなってしまいます。
つまりその結果、毛穴に溜まってしまうというわけです。
また皮脂の分泌については男性ホルモンが大きく影響しているともいわれています。

男性ホルモンは第二次成長期である思春期に急激に増えるようになるので、10代の人ほどニキビは増えやすくなります。
20代を過ぎるとホルモンバランスが安定するので、大抵の人は皮脂の分泌が落ちます。
しかし大人になるとストレスを溜め込む人が増えると思いますので、そのストレスによって皮脂の分泌量がまた活発になってしまいます。
だから大人でニキビに悩まされている人の多くは、ストレスが原因になっているといえるでしょう。

でも安心してください。
クリンダマイシンさえあれば、そんな理由があってもニキビをきちんと改善することができるようになります。
だからクリンダマイシンはぜひとも手に入れてほしいところです。