食べ物にも影響する | ニキビにとても強力な抗生物質といえばクリンダマイシンです
「ニキビにとても強力な抗生物質といえばクリンダマイシンです」のイメージ画像
掴もうとしている

食べ物にも影響する

普段の食生活がニキビに大きく影響していることも実はあります。
あなたがもし偏食をしているようなタイプだったら、かなりの高確率でニキビができてしまうでしょう。
また欧米人のような食事をしている人も必要な栄養を摂取できていないと思いますので、かなり偏ってしまうと思います。

そしてバランスの悪い食生活でもっとも不足しがちなものとったら、圧倒的にタンパク質になるでしょう。
タンパク質というものは人間の爪や皮膚、毛髪や筋肉など、あらゆるものを形成するのに重要な栄養素となります。
あなたの体からタンパク質が不足してしまうと、肌のターンオーバーにおけるサイクルは大きく狂うことになってしまいます。
またタンパク質というものは免疫細胞の材料になるものですから、それが不足するということは免疫力の低下にもつながってしまうわけです。
つまり病気になりやすくなるので、タンパク質を多く含む食べ物を頻繁に摂るようにする必要があります。
むしろ摂りすぎるくらいのレベルで意識する方がいいでしょう。

また高GI食はニキビを作ってしまう原因となります。
GIというのはグリセミック指数のことで、その食べ物から生じる血糖値の上昇指数のことをいいます。
わかりやすくいうと、消化したものが糖に変化するまでの速さを示すものです。
実は高GI食を摂ることで、急激に血糖値が上昇してしまいます。
そこからインシュリンと呼ばれるものが分泌されるようになって、男性ホルモンを刺激してしまうのです。
男性ホルモンが刺激されると皮脂が過剰に分泌されるので、結果としてニキビができやすくなります。
もし心当たりがあるという人は、すぐにクリンダマイシンを使っていきましょう。
食生活が雑な人でも、クリンダマイシンでニキビを改善できるはずです。